GEOSIS Global Server

  • 概要
  • 機能
  • 構成
  • スマートデバイスでの利用

構築の容易性と拡張性を両立させたシステム設計。GGS WebClient APIを組み合わせることで、簡単に高度なWebGISを構築できます。

SOAに基づき設計されたGGS WebService とAjaxによりスムーズな操作を実現したGGS WebClient APIを組み合わせることで、簡単に高度なWebGISを構築できます。

システム構成

システム構成

3種類のデータモデルにより快適で安定した運用環境を実現。大容量のデータでも快適な運用環境を提供できます。

データサイズや更新頻度に応じたデータモデルを利用することで大容量のデータでも快適な運用環境を提供できます。

地図データベース

地図データベース
◎背景地図 ベクトルデータ

事前に画像を準備することなく、リクエスト発生時に画像を作成することにより、意匠など複数準備し、様々な背景地図表現が可能となります。地形図や住宅地図といった大容量で更新が不要なデータの利用に有効なモデルです。

◎主題図+DB ベクトルデータ(図形)+DB(文字属性)

図形データを背景地図と同じベクトルデータで持つことにより、高速表示が可能となり、属性情報の表示検索も可能となります。施設情報、店舗情報など年に数回の更新を行うデータの管理に有効なモデルです。

◎主題図 RDB図形データ

図形データと属性データ(文字データ)をデータベースへ登録し、地図表示もデータベースをアクセスして表示します。図形の位置及び形状、新規追加など自由に図形データの更新変更が可能となります。要望苦情の位置及び属性、日々追加される顧客の位置及び属性データ等の管理に有効なモデルです。

リファレンス/サンプルページ

リファレンス/サンプル http://ggs.as-locus.jp/ggs/samplemap/reference/jsapi/reference.html
この製品の事例を見る