地図入力関連システム Photo REVISION

PhotoREVISIONは、デジタルカメラで撮影した画像のひずみを補正し、正面画像を作成するシステムです。スキャナでスキャニングすることが困難なものや、カメラでしか撮影できない被写体を、市販のデジタルカメラで撮影し、簡単なオペレーションで正面画像を作成する機能を搭載したシステムです。

主な機能

  • レンズのひずみ補正と正面画像作成機能

    デジタルカメラで撮影した画像上にコントロールポイント(※1)を設定することで、レンズのひずみを補正し、正面画像を作成することができます。
    ※1:コントロールポイントとは、レンズのひずみ補正と正面変換の基準となる点のことです。

  • カラーバランス調整機能

    画像上を何点か指示しカラーバランスを調整します。

    指示した画素を基準として、指定した色に調整することが可能なので、画像の中に明るい部分と暗い部分が混在しているような場合でも適切にカラーバランスを調整することができます。

こんなことに使えます

  • 対象がスキャナの読み取りサイズを超えてしまう時
  • 図面の保存状態が悪く、スキャニングが困難な時
  • 広域が対象の為、真上または正面から撮影することが困難な時
  • 過去に撮影した写真を正面画像に変換したい時

対応カメラ 市販されているデジタルカメラ全般に対応しています。メーカーやカメラのスペックに限定・制限はありません。
※より高い精度をお求めの場合は、高解像度で撮影可能なデジタルカメラをご利用ください。
対応フォーマット JPEG、BMP、PNG、TIFF(非圧縮)、GeoTIFF
※全て24ビットカラー
動作環境(推奨)
OS Microsoft Windows XP、VISTA、7、8

※Microsoft Windows XP、VISTA、7、8は米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における商標または登録商標です。なお、本文中には™および®マークは明記していません。