防犯灯管理システム

印刷用PDFこの事例の製品を見る
防犯灯のLED化促進

システム概要

省エネルギー・循環型社会へのシフトが進む中、屋外用防犯灯についても、LED照明の普及が進んでおります。現状の防犯灯の管理状態(水銀灯、白灯、一部LED済)や、今後のLED化への計画査定のため、これらを一元的に管理できるシステムのニーズも高まってきております。本システムは、実効性の高い省電力対策として期待されている照明類のLED化をGISでサポートします。

システムの主な機能

  • 分かりやすく直感的なインターフェース
  • 属性とのリンク(写真・文書)管理機能
  • LED防犯灯用の管理項目すべてに対応
  • 種別ごと単価の設定で電力量算出
  • Shapeフォーマット出力機能
  • 利用用途に応じた各種印刷機能実装
  • データインポート機能での効率的なデータ更新

機能利用例

街路灯のインポート機能
エクセル等にて編集した属性情報を一括取込みすることが可能です。

街路灯のインポート機能

電気料金算出のためのマスターデータ
電気料金の単価を設定することで、街路灯種別に応じた電気料金を算出することができ、それらの合計値として、市全域での電気料金を集計します。

電気料金算出のためのマスターデータ

専用帳票の出力
近景、遠景写真や、街路灯の情報を専用調書にて出力します。

専用帳票の出力

関連業務 ESCO事業連動 無投資型システム導入のご提案

【ESCO事業】の一環として導入頂くことにより、街路灯類の現地調査、更新計画・設計、データ入力、台帳作成、システム構築、灯具のリース、施工・保守・管理まで、照明設備更新に係わる全ての費用LED化による光熱費削減分で賄うことも可能となります。

ESCO事業とは?

省エネルギーに関する包括的なサービスを提供し、お客さまの利益と地球環境の保全に貢献するビジネスです。

  • 照明のLED化などをはじめとする省エネ事業とその削減効果をESCO事業者が保証します。
  • 省エネ投資をESCO事業者の費用とリスク負担で行います。
  • ESCOサービス料はESCO事業で実現される経費削減分で賄われます。
※弊社ではESCO事業のお取り扱いはございませんので、ESCO事業ご導入に際しては、弊社関連のESCO事業者をご紹介いたします。

ESCO事業の費用イメージ

ESCO事業の費用イメージ

印刷用PDFこの事例の製品を見る