統合型閲覧システム

印刷用PDFこの事例の製品を見る
共用空間データベースの活用

システム概要

「統合型閲覧システム」は、自治体の各部署で稼働している業務システムのデータから、自治体共有で利用可能なデータを共用空間データベースとして整備し、WebGISを活用することで、どの部署のどの端末でも閲覧を行うことが可能なシステムです。(実際は、ID、パスワードで閲覧権限を設け運用を行います)

システムの主な機能

  • 各部署のデータを表示
  • 属性表示機能/検索機能
  • ユーザー図形登録機能
  • 図形出力機能
  • ユーザー管理機能

機能利用例

ユーザー図形の登録機能
情報交換ツールとして、シンボルやポリゴン、ラインといった図形を登録することが可能です。
登録されたデータは、サーバー上に登録されますので、他の端末で参照可能です。(ユーザー管理機能の設定)

ユーザー図形の登録機能

ユーザー管理機能
部署や所属、役職に応じた閲覧・編集、印刷などの利用範囲を詳細に設定することが可能です。

ユーザー管理機能

印刷用PDFこの事例の製品を見る