お知らせ

川崎市とのGNSS測量による大規模盛土造成地の経過観察に係る共同研究



 当社は、川崎市内全域を網羅するGNSS(Global Navigation Satellite System:全球測位衛星システム)
連続観測点を各区に設置して、GNSS測位と干渉SAR(Synthetic Aperture Radar:合成開口レーダー)による
データを用いて地盤変動を観測し、市内の大規模盛土造成地の状況経過観察の共同研究を川崎市と企業7社で
行います。

川崎市報道発表掲載

https://www.city.kawasaki.jp/templates/press/500/0000139730.html

川崎市報道発表資料(PDF形式, 1.05MB)

(川崎市のサイトを開きます)

弊社は、共同研究で計測した情報及び解析データ、3Dモデル等を時間変化を考慮した4D-GISで表現を行う
研究を行います。

ASロカス株式会社